AGAで始める育毛

全国に脱毛症に悩む日本人は1260万人いると言われています。
その中で男性型脱毛症のAGAが800万人です。
では、その他はと言うと円形脱毛症などの突発性や抗がん剤などの副作用からなる場合が考えられます。

具体的にどの様な症状なのかを知っておきましょう。
まず円形脱毛症の場合は下記のとおりです。
単発型→最も多いとされ男女、年齢に関わらず一時的に円形または楕円形の禿げが出来る。
多発型→2カ所以上に見られ部分的に大きく禿げる、治っても再発の可能性が高く治療期間も長くなる。
多発融合型→頭皮全体の広範囲に発生し症状の進行により全頭脱毛に繋がる。

円形以外の脱毛症の場合は下記の様になります。
全頭性→治療に長期間要すると言われる頭髪が完全に抜け落ちてしまう状態。
汎発性→頭髪以外の眉毛、ひげ等全身全ての毛が抜ける症状で、最も重度とされる。

AGAとの違いは一度薄毛になると徐々に進行して行くのに比べ円形脱毛症の場合は一時的の場合が多いとされます。
その原因はストレスが主とされていましたが、最近では自己免疫が深く関係している可能性が考えられています。
海外育毛剤 通販で確認しておきましょう。

AGAに使える育毛剤の選び方

生え際が後退しオデコが広くなったり頭頂部が円形にハゲてきたりと、AGAにお悩みの男性はおよそ三人に一人いると言われるくらい多いです。ほとんどの人がまず初めに手を出すのが育毛剤かと思いますが、正しいものを選ばないと全く効果が得られないこともあります。効果のある成分をしっかりと確認することが大切です。

抜け毛の原因「悪玉男性ホルモン」を押さえる育毛剤を選びましょう

特にAGAの場合は育毛剤選びに慎重にならなくてはいけません。含まれている成分の一覧に、薄毛の要因である悪玉男性ホルモンを抑制する働きのあるものをしっかりと選びましょう。代表的なのが「オウゴンエキス」や「ヒオウギ抽出液」、「冬虫夏草エキス」があります。

他にも、血行不良からなる抜け毛もありますので、それに対して効果的な成分を見て育毛剤を選ぶ方法も有効です。血行促進に効くものとしては「センブリエキス」、「ジフェンヒドラミンHCI」などが挙げられます。

現在紹介した成分は、育毛剤選びの際にメモしておくことでスムーズに買い求めることができます。無暗に適当な物を買ってしまう前に、人気のある育毛剤から選んだり専門家に相談して決めたりと、いろいろな方策を試してみるのも一つの手です。

更新情報

◆2015/10/02
AGAで始める育毛の情報を更新しました。
◆2014/05/15
管理者情報の情報を更新しました。
◆2013/05/10
要因③長髪&髪形を新規投稿しました。
◆2013/05/10
要因②妊娠&出産時を新規投稿しました。
◆2013/05/10
要因①カラー&パーマを新規投稿しました。